総量規制対象外とは?

総量規制という言葉を聞いたことがありますか?
総量規制というのは、2010年に完全施行された貸金業法のなかで作られた規制で、簡単に言うと年収の3分の1の金額までしか借り入れができないという決まりです。
これにより、過度の借りすぎを防ぐことができるので、無茶な多重債務は激減しました。
それに伴い、借金を理由にした自殺も減少し、たしかな効果があったと言えると思います。
ただし総量規制には例外もあり、自動車ローンやおまとめローン、緊急時の借り入れはこの限りではありません。
また、銀行は貸金業には当てはまらないため、銀行のカードローンなども総量規制対象外となっています。
多重債務問題には効果的であった、この総量規制ですが、万能のルールというわけではありません。
中小企業などでは少額の借り入れしかできなくなってしまったことで、資金繰りが立ち行かなくなり倒産してしまうケースが問題となっています。
法律はその時その時で時代に合わせた改善を繰り返すべきものです。
貸金業法もさらによりよい法律になるように改正が望まれています。